女性にとってバストの悩みは、結構深刻な問題ではないでしょうか。サプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)やバストアップ(サプリメントや栄養素などを効果的に取り入れるといいでしょう)にいいと言われる方法を試してみたけど、あまり思った効果が得られず悩みに悩んだ挙句、豊胸手術を決断される方も中にはいらっしゃいます。豊胸手術にも色々な種類があるものですが、現在、主におこなわれているのは、「プロテーゼ挿入法」、「脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)注入法」、「ヒアルロン酸(1940年代に、競赭馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)注入法」の三つです。「プロテーゼ挿入法」とは、脇の下などと言ったあまり人の目につかないような部分をメスで切開し、そこにバッグ(季節やTPOに合わせて変えるという人も多いですね)を挿入するという方法です。バッグの大きさや挿入する位置などは個人の体型や希望の仕上がりのおおきさ、感触などによって変える事ができるでしょう。この手術で1カップから5カップ程度のバストアップ(大きなサイズのバストを好む男性が多いのは本能なのでしょうか)が可能で、半永久的に効果が持続する事ができるとも言われています。「脂肪注入法」とは、自分で自分の脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)をバストに注入するという方法です。自分の体内にあった脂肪を取りだして、その脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)を自分自身に注入する訳ですので、異物反応を起こす可能性がすごく低く、安全な方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)だと考えられているのです。お腹や太ももなんかの気になるところの脂肪を注入すれば、その部分の脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)は減らすことが出来るので、一石二鳥な感じもしますね。脂肪注入法では、1カップから2カップほどしかサイズアップすることができありませんので、大幅にサイズUPしたいという方には不向きかもしれません。ただ、最近では技術が進歩して大幅なサイズアップを図ることも可能になりつつあるようです。「ヒアルロン酸注入法」は、皆さんよく知っている方も法んですよ?ヒアルロン酸(水溶液は無色透明で、ゲル状になっています)は人間と相性の良い組織液と言われている為、安全性は高いではないでしょうか。ヒアルロン酸(角膜移植術などの眼の手術の際に、補助剤として使われることもあるそうです)注入法は切開などの手術を行う必要はなく、注射器を使用してバスト(好きだという男性は多いもの。大きいとつい女性でも目がいってしまう方は多いのでは)へヒアルロン酸(多糖類の一種で、人間や動物の体に含まれている物質です)を注入するという簡単な方法です。約二十分度で終わってしまう簡単な方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)ではありますが、効果は2年から3年程度と他の豊胸手術とは違って持続期間が短いです。しかし、追加で注入することは出来るので、手術するのは怖いけれどバストアップしたいとお悩みの方やなかなか仕事などで時間が取れないという忙しい方にはおすすめの方法と言われているものですー